注意点と特徴

中途解約と賃料減額に注意しよう

不動産会社は、空室のリスクや管理に掛かる費用がどのくらいかなどを見込んで借り主の賃料を設定していきます。不動産会社が設定した賃料は借り主に支払われます。その支払われた賃料を借り主が受け取るのです。受け取った賃料収入は、賃貸する場合と比べると減ります。また、中途解約の恐れもあるため、サブリースの契約内容をしっかり確認する必要があります。その契約内容で、賃料の減額が出来ないと特約が記載されても、賃料を減らされる可能性がないとは限りません。賃料減額を避けたいという場合は、定期建物賃貸借の契約に変えることを検討しましょう。

特徴について

サブリースの特徴は、賃貸経営をする際に出るリスク空室をなくしてくれます。そのため、サブリースを依頼すると、所有している物件が常に満室の状態になっています。たとえ、空室が出てきても貸主は管理会社に貸していることになるため、安心して賃貸を経営することが出来ます。サブリースシステムの内容は、管理会社によって違うので、保証率や契約期間などをしっかり比べながら検討をすることが大切になります。またサブリースは、住民の間で起こったトラブルも解決してくれます。