マンションの駐車場

駐車違反の取締は厳しい

最近は利便性重視のニーズが高くなっており、都心の超高層マンションの建設も多くなっております。都心は交通の便が良いこともあってマンションの戸数より駐車場の数が少ないケースが多く見られます。交通の便が良いとは言って自家用車を持っているのが普通ですので、入居者は付近で駐車場を探さなければなりません。遊休地があれば簡易な工事を行って住民用に駐車場を提供することで商売になります。工事内容はアスファルトを敷き詰めて駐車場所を明示するために線を引く程度で十分です。大型のマンションでは不足台数も多いことから付近にはこうした工事を行っているところを見かけます。専門業者が遊休地の地主を当たって対応するケースが多いようです。

恒久的な施設の必要性がある

最近は都心の超高層マンションにはその利便性に注目して高齢者が一戸建てから移り住むケースが増加しています。高齢になると車の運転にも制限が出て来ますから、その意味でもマンションに付属する駐車場の数は少なく計画するようになっているわけです。最近は駐車場の不足を補うためにマンションの住民に対してカーシェアリングを用意している不動産デベロッパーも見かけるようになりました。付近に駐車場工事を行えるような遊休地がない場合には住民の利便性を考えてのカーシェアリングは非常に良いシステムと言えます。地球環境にも優しい電気自動車をカーシェアリング用に用意するというような工夫をするマンションデベロッパーが今後増えると思われます。