経営のメリット

自己資金と入居率

アパート経営を行なうことでたくさんのメリットを得ることが出来ます。金融機関から資金を借り入れるとFXや株式などの投資以外の投資を行うことが出来ます。株式やFXでは自己資金を使っての投資は難しく、ミドルリスクやリターンが出来ません。そのため、自己資金が必要とされている物件の価格は約1割から2割までが目安となっています。また、マンションやアパートを経営をすることで、安定した収入を得ることが出来ます。その安定している収入を得るには、入居率を高くする必要があります。入居率が高ければ高いほど、家賃収入が安定していくのです。どんなに高くても、景気が悪くなることはありません。マンションやアパートの多くは、駅の近くに建設されているので、経営がしやすい用になっています。

家賃収入

ローンを返済するときは、家賃収入から引かれます。自宅のローンも家賃収入から返済することが可能になっているため、ゆとりのあるアパート経営を行なうことが出来ます。アパート経営をすることで、資産が大きくなります。また、節税をすることも可能です。アパート経営は節税の効果を発揮してくれます。プロな専門スタッフが提案をしながら、知識の豊富な税理士を紹介してくれます。万全なサポートをしてくれるので、資産運用を賢く行なうことが出来るのです。