管理すべきこと

入居者を管理する

入居管理をするには、入居者が支払う家賃をどのくらいにするのかという条件を整える必要があります。条件が整ったら、知人がいる不動産会社に入居者の募集をかけてもらいます。入居希望者が決まったら、賃貸契約を結び、家賃が支払われているのかの確認を行います。また、入居者の要望や苦情など様々な事に対応を行います。そして、契約期間が切れる前に、入居しに退去するのか更新をするのかを聞きます。退去する場合はたくさんの手続きを行う必要があります。更新をする場合は、入居者に家賃などの変更がないかを聞きます。

建物を管理しよう

自分が賃貸物件に住んでいる間は、ものが壊れていても汚しても構いません。しかし、人に自分が住んでいた家を貸す場合は、汚れを取り除いて家全体を綺麗にする必要がありますし、壊れたものは治す必要があります。例えば、壁紙が汚れていたら、新しい壁紙に変えるなどです。古くて汚れたままの状態だと魅力を感じなくなり、空室の状態が長く続いてしまう可能性があります。その空室を防ぐためにも、賃貸物件はきれいな状態にしておくことが大切なのです。

経営資金管理

賃貸管理に必要なことがあります。それは、経営資金の管理です。賃貸管理を行うからには、賃貸物件全体を維持することが大切です。家賃収入を得ても、税金や維持費などを支払わないといけません。リフォーム費用や仲介手数料なども管理する必要があるのです。特にリフォームの費用は掛かるため、資金を準備しておくようにしましょう。